アラサー介護の戯言ブログ。

「もう綺麗事は聞き飽きた」そんなあなたへ...

PDCAさいくる。

男子たるもの、この世に生を受けたからには何か一つくらいは「成し得た」ことを残さないといけません。

 

「人間死ぬ気になれば何でも出来る!」とか、「目標は高ければ高いほどいい!」とかよく言うし、環境がーとか才能がないとか時間がないとか金がないとか言っててもしょーがないからそんなの全部ど返しして歴史に名を刻む偉業を達成するような努力をしよう!

 

「ヤれば出来る!」ってよく言うじゃん?

 

「最底辺職」の介護職の自分に出来る偉大なこと。

 現実的な範囲で歴史に名を刻む偉業と言えば......

 

 

彼の「聖なる方」の成し遂げた戦後日本のハイスコア「19」を超えること‼️

 

...わけのわからない有象無象の看護師の非公式スコア50?60?は脇にどけといて、あの「聖なる方」が、たった一夜で成し遂げた記録を更新すること‼️

 

パートの身でそこら中の施設を言われるがまま引き摺り回されて(求人の募集要項には正社員雇用、転勤出張無しだったけど全部嘘。そのまま三年が過ぎた)2ヶ月の間に主に、関東・甲信越圏内の4箇所の支店を駆けずり回っています。

 

底辺らしく持っているものも、手に入れたものもこれからの未来も何もないから失うものもなにも無い

 

それぞれの施設の所在地や位置関係、人員配置、ルートやセキュリティナンバーは把握済み。

 

 

前例に則って、最も職員の手薄な夜間帯に..まずは自分が夜勤の夜に、2人しかいない夜勤の職員の片方の[削除済]を[削除済]て、1階の端の部屋から丁寧に、順番に巡視しながら[削除済]して回る。

何かしらの[削除済]を準備したいところだけど[削除済]は耐久性が心許ないくて大人数に対する使用には耐えられないだろうから、もっとシンプルな[削除済]と、[削除済]を準備して...

 

大切なのは効率とスピード!

かなりの重労働だから肉体的な負担は多大だろうけど、「人間、死ぬ気になればなんでも出来る!」一度始めたことは最後までやり通さないとな!

 

1匹につき3分かかるとして、全部で60匹居るから、

 

3分×60匹=180分(3時間)

 

夜勤の始まりが21時から、遅番の職員が帰宅して内部の職員が2人だけになるのが(なから)22時。

決行するのはシフト見て大嫌いな[削除済]を[削除済]出来る夜を選ぶとして...

1カ所目での作業を終わらせられるだろう時刻はだいたい...AM1:00頃

早番の出勤時刻が6:30からだけど、やる気も社会常識もないあのクズ共が実際に来るのは7時前後。。

 発覚するまで約6時間の猶予があるから、その間に高速を飛ばして別の支店へ。

 急げば50分で到着するから2カ所目での「仕事」の開始時刻はAM2:00前後から。もう何回も出入りしているところだし、おれはそこでの覚えは凄まじく良好だから適当な理由つけて招き入れてもらってまずは夜勤の2人を[削除済]。

 

ここの支店の檻の数は50。

 

3分×50匹=150(2時間30分)

 

終了予定時刻はAM4:30。

こっちの支店の職員はやる気あって結構早めに出勤して来るけど少なくともまだ1時間程度の猶予はある。

 

仕事を終わらせたら出来るだけ車で距離をとってから[削除済]した職員から借りた(奪った)携帯で👮‍♀️に通報📞🚨🚓

 

2,30分後くらいには状況が把握されるだろうけど、その頃にはおれは誰も知らない未踏の地。

 

登ってくる朝日に照らされながら仕事終わりに缶コーヒーなんか飲みながら一服。

 

「この世界は誰かの仕事で出来ている。」

 

かかった時間は約7時間程度。

計画するのは簡単だし、費用も大してかからない。せいぜいホームセンターで[削除済]と、[削除済]購入するくらい?

 

慌ただしい一夜の戦果は...

 

60+50+1+2=113

 

実際は、外泊や入院で14,5人くらいは施設内に不在だろうから100匹くらいかな?

 

でも間違いなく「彼の聖なる方」の仕事を引き継いで尚且つ超えることが出来たし歴史に名も刻んだ。

しばらくの間はお茶の間や、会社や学校の休み時間の娯楽を提供するくらいの事はできたと思う。

 

ささやかな達成感と大きな疲労を同時に感じながら東の空に昇ってきた今日最初の陽光を浴びながら、長い夜の終わりに安堵しつつ最後に自分の細い首に「削除済」を突き立てて「削除済」。スコア+1

 

 

 

 

とか、考えついた奴がいたらどーするんだろう?

 

 

fin.

 

 

 

 

リリー

...ホテルで街の灯(ひ)を独り見下ろし 女はほそい指で おざなりのキスの名残をぬぐう

 

 

同僚「そろそろ出向終わるね。」

 

僕「終わるね。」

 

同僚「どうだった?」

 

僕「相変わらずやね。増えた分、人が減る。入居者も職員も。続く人間って本当に少ない。むしろ所属より出向先のが居心地よくなりつつあるwww.... 平成最後の夏は俺にとってはなかなか悪くない季節になったよ。夏の夜の夢ってヤツ?」

 

同僚「修羅の巷の一夜の夢でしょ?」

 

僕「どっちかな?」

 

同僚「こっち戻ってこれるの?」

 

僕「あと数日で戻るよ。やることやって後始末して、立つ鳥跡を濁さずに...」

 

同僚「鳥というか蝙蝠でしょ?」

 

僕「否定はしない」

 

僕「そんでもって長月の残りをそっちで過ごしたら神無月の初めから、新しい出向先にレッツゴー!!」

 

同僚「また出向?」

 

僕「また出向だよ。」

 

僕「初めはシフトの区切りになる16日からすぐに行けって言われたけど流石に準備できないから次のシフトの後半にしてもらったんさ」

 

同僚「さすが、職員のことなんか一片も顧みない血も涙も道理も常識もない死堕亞だね。」

 

僕「その通りだね。」

 

同僚「今度は何処へ行くの?」

 

僕「都会だよ。」

 

同僚「都会?」

 

僕「今度は出向というか出航かな?」

 

同僚「ちょっとなに言ってるかわからない」

 

僕「まだまだ把握しきれてないけど初の都会暮らし、満喫させてもらうことにするよ」

 

同僚「もしかしてラヴニカ?」

 

僕「何処のギルドに入ろうかな?」

 

同僚「ちょっとなに言ってるかわからない」

 

 

fin.

 

オデッセイ

歩いて行くと430年

 

http://karapaia.com/archives/52264056.html

 

 

僕「ねぇ、知ってる?」

 

同僚「ん?全然知らないよ」

 

僕「2004年の1月25日に火星に到着して、それからせっせと惑星の探査活動に明け暮れていた、NASAの火星探査車オポチュニティが、とんでもねぇ砂嵐のせいで太陽光発電が出来なくなって機能停止状態になっちゃってるんだって。」

 

同僚(こいつなに言ってるのかな?)

 

僕「だけど壊れてしまったわけではなくて、単にバッテリー切れでスリープモードになっちゃってるだけなんだってさ。彼は、14年間もずっと一人で任務を遂行し続けているんだよ。だけど、いまは砂嵐のせいで太陽光発電の充電ができなくなってちょっとおやすみしているんさ。」

 

僕「でも。砂嵐が収まればまた充電して動き出せるはずなんさ🔋🔌⚡️」

 

同僚「へー」

 

僕「NASAのスタッフは、早くオポチュニティに元気になって欲しくて元気の出る曲のプレイリストを作って毎日、火星に送信しているんだってさ(実話)」

 

僕「だから俺も、たかが国内で尚且つ、数ヶ月だけの出張なんてなんとか乗り切れると思うんだ。頑張ってオポチュニティ‼️」

 

同僚「ちょっとなに言ってるかわからない」

 

fin.

 

 

お盆だからといってやってきてやりたい放題の糞ご家族様へ。

年末年始、正月休み。

ゴールデンウィーク

お盆休み

シルバーウィーク

.......

 

どこの次元のなんて言語かは知らないのだけど世の中には「renkyuu」と呼ばれるものがあるらしくて、夏も盛りを過ぎた今の時期が「OBON」とかいう期間なのだそうです。

 

普段は県外にいる友人達から、「帰省したから飲み行こう」とか「出かけよう」とかラインがきてて、「????」となったのですが.....あぁそうか💡

みんなはお休みの時期なんだね‼️

納得🎶

 

 

神の座(本社)から「来客が多くなるから接遇と戸締り気をつけてね⭐︎」と御触れが下ってきたのですが、まー来客が多いこと多いこと。。

 

普段は、顔なんて出すこともなく、しらばっくれて施設に丸投げしている「神さま(入居者)の神さま(親族)」たち。

 

ここぞとばかりにやって来て、

 

「お爺ちゃん、お婆ちゃん!僕は私はお爺ちゃんお婆ちゃんのことが大好きで、すごく心配していてしっかり介護しているよ💕だからお小遣いと遺産ちょーだいね!」

 

アピールをしにやって来ます。

 

老健や特養と違って「老人ホーム」に入居している(入居出来る)人たちはもれなく富裕層です。

 

毎月、20万近い(か、それ以上の)入居費を支払いながら、さらに理美容だのフットケアだのマッサージだのを上乗せして優雅に暮らしておられる現代日本のやんごとなきお貴族さま達です。

 

365日24時間、ボタン一つでいつでも飛んできてなんでも言うことをきく奴隷(介護職)を従えた、紛うことなきリアルな貴族様です。

 

小綺麗な格好をして一族郎党連れ立ってやってくるその家族たちも、なぜだか職員には凄く威圧的かつ上から目線。

ニッポン人らしい消費者意識の暴走とお客様意識の権化です。

 

普段は知らん顔してるくせにここぞとばかりにやってきて心配してますアピール。

金持ちなせいか要求してくることが病院や特養とはちょっと違って首を傾げたくなることが多々あります。

 

今から、居室でお茶を立てるからお湯を沸かして持ってこい🍵

 

今から、寿司を食べに連れて行くからすぐに身なりを整えろ。(食形態が、刻みやミキサーの人でもおかまいなし。)

 

塩分制限、水分制限、カロリー制限がある人に無慈悲な差入れ。あまつさえ周囲に配り出す。

 

普段、車椅子やシルバーカーを使って歩行している人を無理やり歩かせる。

 

下の二つはなにが問題なのかわからない人も多いだろうけれど要は血圧やらなんやらの体調を崩したり誤嚥(ごえん)や窒息の危険性、転倒の可能性が非常に高い危ないことだということです。

 

ただでさえ、人手不足な介護施設で、更に人の少なくなる世の中の休みの時期(職員の中でも休みを取る人は当然います(管理者クラス/お局クラス))、許されないかもしれないし理解してもらえないとは思うのだけどお前らが施設に棄てた親や親族の漏らした糞尿を始末するのは俺たち(介護職)の仕事でも、

お前らをおもてなしするのは俺たち(介護職)の仕事ではない。

 

心の底から、介護職のことを「召使い」だと考えている人が世の中には多いことはよく知っているし老人をたてにとって「こっちは高い金払ってるんだぞっ」と凄んでくる人も中には居ます。

 

世の中が休みの時期はむしろ、自分たちには関係なくて(いつもより尚更忙しい)、朝から晩までボケ老人の奴隷と撒き散らかされた糞尿の始末。

嫌がらせじみた苦情や要望への対応。

 

所得や所有だけではない格差でも、最下層の我々介護職には本当に本当に嫌な時期なんです。

 

 

親から虐待されて育った大人。[24]

「世界にどう接するかは、自分をそれに対してどう見せるかにかかってます。俺達は常に変化へと適応しています。変化に失敗したなら生き残れませんから。ヴラスカさんがその地獄を生き延びたのも、以前よりも賢明な自分へと変化してきたからです。この船を率いているのも、自分を指導者に変えたからです。ずっとそうなれると知っていたような。今のその人を形作るのは状況でも過去でもなくて、未来をどうするかっていう選択です。学んで、適応する力が今日の自分を作った。そしてそれが、これからなろうとするものに続いている。ヴラスカさん、貴女の最高の復讐は、生きているということだけじゃなくて、ヴラスカさんを捕らえた人達が考えもしなかったような凄い何かに変わったことです。それがどれだけ凄いことか、わかりますか?」

「変わりゆく先に」

巧妙な精神魔道士、ジェイス・ベレレン

 

 

介護職になって3年弱、初任者研修→実務者研修と一応のステップアップを重ねながら過ごしていたとき、実家に叩き出された母親(生物学的な)は、いまでは自分の実家でも断絶状態。

同居している祖父母とも会話もしないし極力顔も合わせない、たまに他愛ないことで激昂して喚き散らしたり騒ぎ立てたりしていたけれど事実上、祖父母とも断絶。

「お婆ちゃんの言ったことで私の心が傷つけられた」とか言って自発的にまたどこかの精神病院に半年間入院したり、パートで勤めていたらしい飲食店でも、職場内の人間関係でトラブルを起こしまくりで厨房から清掃員にされたり、相変わらず素晴らしいキャリアを積んでいたそうです。

 

マジで、あらん限り苦しんで全身ミンチとかになって死んでくれないかな?そのあとは豚の餌で。(๑>◡<๑)

 

「8050問題」とか勘弁してほしい。。

 

 

対象を見つける(親族、友人?)

取り入って支配する。味方につける

対象「あれ?何かおかしいぞ?」

放逐される

次の対象を見つける

以下、無限ループ

 

 

そんな頃の出来事でした、

リア充界の大物であらせられる妹ちゃんも弟君もそれぞれ当然、彼氏彼女がいてみんなで仲良く遊びに行ったりご飯食べたりしていたそうです。

 

あれ?

お兄ちゃん、一度も声かけられたことないぞ?気のせいかな?wwwwww

 

珍しく弟に「話があるんだけど」と振られたとき、あぁ(察し)だったのですが、案の定、出来ちゃったそうでそのまま彼は結婚の流れに。

 そこそこいい家のお嬢様であらせられた彼女さんと入籍なさいました。

 

自分には異次元レベルで縁のない話なのでよくわからないのですが、あれよあれよと両家の顔合わせ、結婚式の準備、と話が進んでいきました。

おめでとう!弟!!㊗️💒💐

 

彼の結婚式の前夜、微妙に憂鬱な気分で遅番を終わらせて22時過ぎに帰宅。シャワーを浴びてベッドに倒れこんで、「とりま、明日はニコニコ笑顔で流しとけばいいな。あいつ(妹)も彼氏連れて来るらしいし。来年は妹かな?」とか考えながら微睡んでいました。

 

 

 

am2:00

 

プププププッ

プププププッ

(携帯の着信音)

 

僕「???」

 

僕「はい、もしもし」

 

父「すぐにお父さんの老眼鏡持って◯◯病院まで来てくれ」

 

僕「??? どうしたの?」

 

父「◯◯(弟)、倒れた。」

 

僕「はっ?」

 

僕「なんで?」

 

父「◯◯◯◯◯◯」

 

僕「えっ?」

 

父「いま、◯◯(妹)と◯◯ちゃん(弟の嫁)と、そのお父さんお母さんが来てくれてる。僕もすぐに来てくれ」

 

僕「えっ?」

 

真夜中にかかってきた電話、いきなり告げられた「弟が倒れた」という言葉。

 結婚式の前に羽目外して飲みすぎた?交通事故?と瞬時に頭によぎった推測は大ハズレで次に告げられた「倒れた理由」は、「◯◯◯◯◯◯」。

 

理解が追いつかない。

 

数時間前まで友達と翌日の結婚式の出し物について打ち合わせをしていたらしい弟は急に、「頭が痛い」と言いだして突然嘔吐、動けなくなってその場にいた友達がお父さんに連絡して来てくれて救急搬送。

 その日の夜の当番医だった地元最大の病院のERに担ぎ込まれて下された診断が◯◯◯◯◯◯。

 

いやいやいやいや。

いやいやいやいや。

 

幸い家から、すぐ近くだったその病院にお父さんの老眼鏡を取って駆けつけるとすでに集まっていた数少ない家族とこれから親族になる人たち。

泣いている弟のお嫁さん。

 

全身を殺菌してICUに通されると、慌ただしく駆け回る看護師や医者の中央の大きなベッドに臥床させられている弟。

全身に繋がれているわけのわからないチューブ。尿道カテーテルを通して吊るしてあるウロバッグ。

ベッドの頭上に表示されているBP,PS,SPO2,KT。

 

かろうじて意識はあるらしくて医者とおぼしき人とポツリポツリと会話を交わしている。

 

意味がわからない。

◯◯◯◯◯◯? 25才の弟が?

 

今まで大きな病気になんて罹ったことないのに、多少はお酒も飲むしタバコも吸ってたみたいだけど、◯◯◯◯◯◯?

 

ありえない

 

あと数時間で結婚式が始まるのに?

奥さんのお腹もう大分大きいのに?

このタイミングで◯◯◯◯◯◯?

 

これから開頭手術?

それどんな確率?

手術の成功率は?

後遺症は残るの?

 

自分が普段嫌ってほどみている「要介護者」たちが頭に浮かびます。

もし失敗したら?半身不随?植物人間?一生寝たきり?

 

死ぬの?

 

その場にいた誰もが状況を飲み込めていなかったのでしょうが、それ系の職種である父と自分はなんとなく先が読めていました。

 

長い医者からの説明と同意の書類への押印。

弟の奥さんがサインをします。

 

手術室が空いたらしい午前7時過ぎ、中に運び込まれていく弟。扉の上のライトが灯る。

ドラマかwwwwww

 

手術の予定時間は8時間。

頭を開いて、頭蓋骨を開いて、脳の奥を搔きわける手術。

 

あとから聞いた話だけど、その症例での手術ではその病院のなかでの最年少記録を更新。あまりに稀なことなので学会発表もされたそう。

 

予約していた式場も「当日キャンセル」が発生したのはその式場の歴史の中で初めてのこと。

 

もうメチャクチャ

親から虐待されて育った大人。[23]

そして、うんこ拭きへ...💩💩

 

 

 

7月10日

 

ヤヴァイ。

去年の10月に市場を退職した時にはあった150弱の貯金も底をつきかけている。

敗走に近いかたちで劇場は退職したのでこれからの予定もめどもあったもんじゃない(*´Д`*)

 

もう関わりたくないからどうでもいいけど6月分の給料は振り込まれてさえいなかったし....

 

どーしよ....

 

 

 

 

 

ヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイヤヴァイ...ヤバい!!

 

もう選んでる余裕がない。

とにかく仕事を...職にありつかなきゃ....

 

 

大学時代の数少ない友人やら元バイト先の先輩やらに「なにかツテ無い?」と聞いて回った結果、、

 

友人「うち来る?」

 

と、声をかけてもらった職種が一件ありました。

友人「確か募集していたはずだから面接申し込んでみたら?」と言われ、藁にも縋る思いで履歴書を贈った先が...

 

◯◯医療法人 老人介護保健施設◯◯◯◯◯!!介護職員募集!!

 

???

介護ってなに?

 

◯◯君(紹介してくれた友人)病院勤務なのは知ってたけど、なんかリハビリだかの職種じゃなかったんだ...介護....?

 

介護の「カ」の字も知らなかった自分がその時思い出したのは、新卒で市場に就職した時に本社のある土地で暮らしていた研修期間中、SNSかなにかで知り合って仲良くなって、たまにご飯とか食べに行っていた赤十字看護学だった娘が言っていた言葉。

 実習が大変だのレポートが多いだのの話を聞いていたときに、「看護師さんも大変らしいけど介護士ってのもキツイらしいね」となんとなく話した時にその娘が言っていた言葉。

 

 

「介護wwwwww??あんなのただのあたし達(看護職?看護学生?)のパシリだよwww

 

 

普段、人を馬鹿にしたり見下したりするようなことが全然なかったその娘が明らかな嘲笑と蔑みを込めて語っていたその言葉。いくら、

 

看護師>>>>>>>>>>>>介護士

 

でも現場の現役の人たちが学生からここまで侮蔑されるなんて....

と、当時社会人一年目くらいだった僕は思いました。印象的だったので覚えていました。

 

とにかく!

もう選んでいる暇なんてない!

短い間に2度も仕事を変えてしまい、貯金も底を尽きかけていた焦りと、「無職でいる」という恐怖に耐えられなかった自分はその医療法人に応募しました。

 

結果はすんなり合格。

あれこれ説明を受けてはじめは研修施設だという山奥にある介護施設の勤務になりました。車で片道一時間

田舎の地元からさらに田舎の本当の山奥にある施設。

 

コナンとか金田一とかが突然訪ねてきて、嵐にあって外界と隔離されて一晩閉じ込められて殺人事件が起きるタイプのとんでもない僻地でした。

 

職員さんから、「僕君はどこの人なの?」と聞かれて「◯◯市です」と答えると、「凄い!めっちゃ都会じゃん!!ここから見ると◯◯市はもはや外国だよ」とか返答しづらい冗談を言われていました。

 

奇跡的に、そこの施設の職員さん達は本当にみんないい人達で、まるっきりど素人だった自分に親切に丁寧に色々教えて下さりました。

 

あれ?www劇場と違うぞwwwwww

 

 

今では腐りきったクズ介護福祉士の自分も、始めたばかりのその時は単純に「人の役にたてて嬉しいな😊」と思っていました。

 人から認められたり褒められたり感謝されたりすることなんて皆無な人生だったので嬉しくてしょうがなかったのです。

 

3ヶ月程度の研修期間を終えて本来の所属になる予定だった病院に併設された福祉施設に配属されると通勤時間が一時間から40分程度に時短。

 早起きすることはなんの苦もなかったけれどやっぱり通勤が楽になるのはありがたい。

 

忙しすぎるのは変わらないけれど、研修施設ほどいい職員さん達もいないけれど

 

今迄に比べれば遥かにマシ!

 

周りの職員たちが、「忙しい忙しい、しんどいしんどい」と言っている中でも(忙しいのもしんどいのも間違いないけれど)、介護は大変なだけで難しくはない。しっかり把握して協力して準備と手順を踏めば出来ないことはない。という認識だったので(今でも変わりません)なんとかこなしていました。

 

当然、なにこいつ?と思う人も多かったし意地悪で陰湿な職員(主に女)も多かったけど、

 

今迄に比べれば遥かにマシ!!

 

そこそこ仲よかったフィリピン人のベテラン介護士だったおねーさんが窃盗で逮捕されたり、職場の女性職員に対する盗撮とストーカーで四十路のいかにもオタクって感じのおっさんが逮捕されて実名が新聞に載ったり、人手不足すぎるから始めに研修に行っていて施設から応援で二人(主任クラス含む)が来ると言っていたら来る予定だった人たち含め既婚者同士のダブル不倫カップル×2の4人がまとめて解雇されたりしてたけど、

 

今迄に比べたら遥かにマシ!!!

 

人手不足で、介護施設から同じ法人内の病院に異動させられていろいろあってそこの介護主任の2人からめちゃくちゃ虐められて看護部長さんに助けてもらってメンタルぶっ壊れて一時期はカウンセリング受けたりしてたけど、

 

今迄に比べたら遥かにマシ!!!!

 

 

でした。

介護職員殲滅作戦。

嘘や誇張を極力廃して、客観的に真実のみを綴ってきた(つもり)の当ブログ。

良いことも悪いことも全部書いてきましたが(これからも書きます)内容がネガティブになりがちなところは否定しません。

 

自意識過剰に、「日本一ネガティブな介護ブログ」と言っても過言ではないかしら?とか思っていたのですが、、

 

 

 

 

 

 

 

すげーの見つけました。

もう脱帽です。

敵いません。

 

 

その名も......

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「介護辞めたい」

https://kaigoyametai001.com/

 

 

 

直球wwwwww

大谷選手もヒクくらいど真ん中どストレートな題名。

ネガティブキャンペーンのお手本のようなサイト!!

 

ただ、言ってることが何も間違いではないところが凄い。

 

同業者の皆さん、読むと落ち込みます。