アラサー介護の戯言ブログ。

「もう綺麗事は聞き飽きた」そんなあなたへ...

親から虐待されて育った大人。[18]

10月に卸売市場(青果)を退職した後の半年間、休日どころか24時間以上会社から離れられることが無かった約三年間の揺り返しか遊び倒しました。‼️

退職してすぐに職安に行って必要な諸々の手続きを終えてからは本当にのんびり過ごしました。

 

数年ぶりに家族と一緒に朝ごはんを食べて

数年ぶりに一晩電話がならないまま眠って

数年ぶりに泊りがけで県外に遊びに行って

数年ぶりにテレビで「めざましテレビ」を見ました👀笑笑

めざましテレビ始まる前から毎日出勤してたから。。

 

退職した時の貯金は約150万円くらい。

焦って就活しなくても当分はのんびり出来るなとおもわれました。とにかくその時はぐったりげっそりしてたので休みたかったのです。

....ただ、働いている時だったら勝手に給料から引き落とされていく各種税金や年金や保険。

通帳に記載される時にはそれらが全部引き落とされた後の「手取り」が載るだけだから大して気にならないけど「無職」になってもがりがり引き落とされていくそれらの多さに肝を冷やしたのを覚えています。

 

今まで時間を合わせることが出来なかった友達とも久々に飲みにいって(キャバクラに行くのはもう辞めました)、買ったきりで本棚に並べてあった本を読んで(五十冊以上ありました)、シーズンではなかったけれど台湾旅行にも行ってきました🛩🇹🇭

 

あっという間に年が明けて、3月か4月くらいからはまた働き出そうと決めていたので就活再開!

大学時代の就活のときは、世に言う「リーマン・ショック」にぶち当たった世代の自分からするとその時は比較的、仕事は探しやすかったように思いました。製造、土木、サービス、コンサルタント、営業、運輸、諸々の職種がすぐに見つかりました。

 

さて、なにをやろうかな?

 

専門的な資格が必要なのは...難しい。

市場で使ってた資格ってフォークリフトくらいだし「競り人」の資格を取ってあったけど、これは他ではなんにも役にたたないし...大学時代に取ったパソコン系の資格はほとんど内容忘れたし....今まで営業職一辺倒でやってきたからこんどは他のことをやってみよう!

...なんて薄い決意をしながら興味があるとこはどこでも応募してみました。

 

その中でも一つ、目に止まったところがあってそこそこ距離のあるその会社まで面接を受けに行きました。結果は...