読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー介護の戯言ブログ。

アラサー介護職(♂)の憂さ晴らしです。。

介護太郎

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

 

おじいさんは毎日山に徘徊に、おばあさんは週6で川の近くのデイサービスに通っていました。

 

ある時、おばあさんがデイサービスのレクのお散歩中に、川の上流からどんぶらこどんぶらこと大きな桃が流れてきました。

 

付き添いの介護職がずぶ濡れになって桃を施設に持ち帰り切ってみると中から元気の無い男の子が生まれました。

 (kt35.6°c Ps38 Bp96/43 Spo2 86% )

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜時は流れてそれから32年後。

 

おばあさんに引き取られた桃太郎は働きもせず、おじいさんとおばあさんの年金を、ほぼほぼソシャゲのガチャにぶち込んでダラダラ暮らしていました。

桃太郎は廃課金房だったのです

 

ところが、ある日 山に徘徊に行ったおじいさんがそのまま帰ってきませんでした。

歩行器の使用を頑なに拒絶し無理に歩いていたおじいさんはバランスを崩して滝に転落、そのままどんぶらこどんぶらこと下流のおばあさんの通っているデイサービス近くの川まで流されて水死体となって発見されました。

事故報告書を書く人は誰もいませんでした。

 

困ったのは桃太郎です。

ふたり分の年金を食い潰しながら優雅なニート生活を送っていましたが片方が死んでしまったのでもうそうはいきません。

おばあさんの介護なんてまっぴらです。

 

そこで桃太郎はネットの広告に載っていた「介護付き有料老人ホーム「鬼ヶ島」」におばあさんを放り込む事にしました。

 

桃太郎が事前面接のため鬼ヶ島を目指して自転車を漕いでいると、市役所から過労でふらふらの認定調査員のキジさんがやってきました。

 

「桃太郎さん桃太郎さん、お婆さんの受けている要介護認定、要支援認定に落としてくれませんか?介護保険の節約の為に」

 

桃太郎はシカトして通り過ぎました。

 

もう少し進むと前の方からブラック介護施設の入居相談員の、鬱病のイヌさんがやってきました。

 

「桃太郎さん桃太郎さん、お婆さんの介護保険、全額うちの施設で使いませんか?」

 

桃太郎はシカトして通り過ぎました。

 

もうしばらく進むと今度は鬼ヶ島のケアマネージャーのサルさんがやってきました

 

「桃太郎さん桃太郎さん、私には何の権限もありません。お婆さんの入居を認めるか認めないかは、現場を支配している施設長の愛人のクソ性格の悪い看護師が決めるのです。」

 

そう言ってサルは首を吊って死んでしまいました。

 

鬼ヶ島に到着した桃太郎は誠心誠意頭を下げてお婆さんの入居を認めてもらいました。

条件の1つに桃太郎がこの施設の介護職員として働くことが必要でした。

 

もとよりまともな社会経験の無いニートの桃太郎には介護職くらいしか働き口が無かったので了承しました。

 

入居してからというもの、お婆さんはベッドに縛り付けられ乱暴な食事介助によって誤嚥性肺炎を起こして無料老人ホーム「天国」に逝ってしまいました。

 

桃太郎改め介護太郎は毎日毎日、朝から晩まで馬車馬のように必死に働きましたが劣悪な労働環境と低賃金、重労働で体を壊して過労死してしまいました。

 

介護付き有料老人ホーム「鬼ヶ島」には長い入居待ちの老人たちの列ができていましたが中の職員はガラガラでした。

 

めでたくなしめでたくなし

 

12000年の歩み②

一つ所に留まって農作物を生産し、一つ所に留まって繁殖する。

動物から人間ぽくなってきた彼らホモ・サピエンスが当時何を考え何を信じ、どんな物語を語っていたのか現代人は想像するしかありません。

 

どんなに優秀な考古学者も生物学者も哲学者も、すき家のバイトもアニメイトの店員も実際に、タイムマシンで見てくることが出来ないのでそれは同じことです。

 

環境と遺物から空想するしかありません。

彼らがそれまで信仰してきたアミニズムと呼ばれる思想から(壁画とかから分析するらしい)、特定の人物や、たった1人の天にまします造物主を信仰するような環境が整えられつつありました。

 

彼らのコミュニティの中で敬われ大切にされていたのは老人たち...それは間違いなかったはずです。

その時代時代の平均寿命がどんなものかはよくわかりませんが乳幼児の死亡率がべらぼうに高かったとしても平均で20〜30歳くらいなのではないかとここでは仮定します。

日本の江戸時代の平均寿命がだいたい30〜40くらいだったらしいからそれよりは短かったんじゃないかしら??

織田信長が「人生50年」って言ってるし

 

なので彼らの世界の老人というのは現代人が考える老人とは全く全然違うものだと考えて間違いはないでしょう。

 

長いこと生き残った貴重な知識と技術の伝承者...だったことは想像ができます。

 

美味しい果物の実る森や動物の狩り方、作物の育て方や村々の治め方...全知全能のGoogleや気軽に情報を共有出るラインもツイッターもたぶん無かっただろうから老人たちの蓄積した知識や技術というのは何にも代え難い貴重なものだったことでしょう。

 

文化が生まれ、社会が生まれ、宗教が生まれ、戦争が起こり、衰退し繁栄し発展し後退し......

 

森の中で裸で果物探していた彼らホモ・サピエンスが、ロケットに乗って月に降り立って世界中の人がテレビでそれを眺めるようになるまでだいたい12000年と言われています。すごい進歩です。

 

ゲームボーイ3DSになるよりすごい進化です。

 

時代はぶっ飛んでいまからだいたい100年前の1920年代。

フィッツ・ジェラルドの「華麗なるギャズビー」に綴られているニューヨークの黄金時代のような華やかな世界。大恐慌の始まる前の幸福な時代です

 

当時の世界人口は約10億だか20億人。

それからたった100年の現代(2017)の人口は70億を超えています

 

10億に届くのに12000年かかったのにそこから7倍増えるのにたった100年です。

 

それまでの人(ホモ・サピエンス)の歴史は飢え・伝染病・天災・戦争との戦いでした。シンプルに「生きる為」の歴史だったのです。

 

しかし栄養環境が改善し衛生環境が発達し医療技術が進歩して誰もが長寿を獲得できる時代になりました。

 

たしか、いま現在の日本人の平均寿命は男性が83歳くらい女性が86歳くらいだったと思います

 

正確に確認が取れている人類最高齢はイタリア人女性で124,5歳だったかな?

人体の細胞のテロメアの限界値もだいたいそのくらいだと言われています

 

たしかに長寿は幸福なことかもしれません。

しかし、現代人の全てが120才まで生きるようになったらどうなるでしょう?

 

日本が抱えている大きな課題「超々高齢化社会」。人類が今まで経験したこともない社会状況だなんてよく言われますが少し掘り下げただけでもこのくらいの積み重ねの上で起こっている事なのです

 

12000年の歩み①

今回はちょっと雄大なお話をしてみたいとおもいます。

 

 

.....いまから、だいたい12000年くらい前、アフリカのサバンナあたりにちょっと賢いお猿さんたちが住んでいました。

 

正確に言うと類人猿ではなくて人類という種に分類される「ホモ・サピエンス」と呼ばれる動物が住んでいました。

 

自分で自分たちのことを「賢い霊長類」なんて名乗る程度には知能が発達した動物だったようです。

またはただ傲慢なだけか。

 

彼らは他の人類種、ホモ・エレクタスやらホモ・ギガンティウスやらネアンデルタール人やらクロマニヨン人やらをひたすら殺しまくりながらアフリカから地球上のありとあらゆる場所に広がっていきました。

暑いところも寒いところも高いところも低いところも

 

彼らが他の人類種より優れていたのは腕力でも体の大きさでも体力でもありません。ホモ・サピエンスより脳の容量の大きな連中はたくさんいました。

だけど彼らには彼らにしかない大きな特徴が1つありました。それは

 

「妄想を共有する」

 

という地球の歴史の中で生まれた全生物の中で彼らしか持たなかった特別な力です。

妄想を共有できるから同じ概念を共有し、妄想を共有できるから同じルールを信奉し、妄想を共有できるから「群れ」以上の「社会」と呼ばれる集団を作ることができました。

 

彼らは最初は果物や木の実をとったり貝や魚を食べたり大きな獲物を協力して狩ったりして暮らしていました。

リアルなモンハンの世界です笑

 

この時代のことを「狩猟採集時代」と呼びます。そんなこんなで何千年も何万年もかけて彼らはどんどん増えてどんどん広がっていきました。

 

彼らの辿り着いた土地からは彼らが辿り着いた時から大型の動物はどんどん滅んでいきました。

狩り尽くされていきました。

食い尽くされていきました。

 

北はアラスカ、東はアジア、南北アメリカに大海の果てのオーストラリアまで彼らの辿り着いた土地の動物は悉く滅ぼされました。

生態系は組み替えられました。

 

そんな時代が6万年くらい続いてから新しい文化が生まれました。

今まで食べ物を求めて広い土地を彷徨い続けていた彼らは1つの場所に留まって農業を始めました。

「定住」と「農耕」の始まりです

 

現代人からすれば信じられないかもしれませんが人間から切っても切り離せない諸悪の根源「ストレス」なるものが発生したのはこの頃からだと言われているそうです。

 

それまでは「所有」も「階層」もほぼなかった彼らの世界に、定住と農耕のための役割分担、上下関係が生まれました。

 

狩猟採集の為に移動し続けているとどうにもできなった人口の増加も起こります。だって妊婦と乳飲み子連れて移動とか狩りとか無理だったんだもの。

 

人間や家畜が集まって固まって暮らすことでまた厄介な問題も出てきました。「伝染病」です。ぶっちゃけ農業しだす前の狩猟採集時代の方が彼らの健康状態も体格もだいぶ良かったようです

人間が増えすぎる前の方が自然の恵みだけでも満ち足りた生活が送れていたようです。

 

②に続く

新作映画公開☆

「儂の名は。」

〜始めから持っていなかった物を、探している〜   主題歌「便便便意」

 

「要介護ウォッチ」

〜見守り職員が足りない〜

 

「KA KA KAIGO」

〜徘徊老人に拘束を〜

 

「認知棟の夜勤」

〜この棟で、介護職は最弱。〜

 

 

2017.GW公開予定! 嘘です。

新月9

ヤリガイ戦隊 介護レンジャー


第1話「介護は成長産業です」
第2話「グリーン、ブルー辞表提出」
第3話「要支援2、認知度Ⅲa」
第4話「利用者の覚醒」
第5話「手取り、13万」
第6話「ピンク、キャバに転職」
第7話「夢想家の主任、横暴な家族」
第8話「イエロー、逃亡」
第9話「パワハラ
最終話「ホールの真ん中で首を吊ったレッド」

 

出演

介護レッド      温水洋一

介護ブルー      桐谷健太

介護グリーン   伊藤淳史

介護イエロー   三中元克

介護ピンク      酒井法子

 

四月から始まります。嘘です

第29回 介護福祉士国家試験結果

平成29/1/29 筆記試験 開催

平成29/3/28 14:00 合格発表

 

 http://www.sssc.or.jp/sokuhou/5fSA862p2D6sbdX6b5RpuKPrafDNmx/kaigo.html

 

受験者数 76,323人

合格者数 55,031人

合格率 72.1%

 

 

例年より合格率は高いけど合格者数は過去5年で最低人数。

毎年、約15,6万人受験してたけど今年は受験資格の変更で受験者数半減

 

このままいくと2025年に所謂「団塊の世代」がまとめて後期高齢者(75歳)に達する「2025年問題」で、必要な介護職が38万人不足すると確定的な予測がされているが、国の予想よりさらに介護職のなり手は少なくなりそう

 

どーする!美しい国 ニッポン

介護職の人間性①

※閲覧注意

 

介護の資格についてはなんとなく「ふーん。そんなんあるんだー、別に興味ないけど。」くらいに理解していただけたと思います。

 

ではその資格を取ったり取らなかったりして実際に介護施設やデイサービスで働いている人たちってどんな人たちなんでしょう?

 

老人や体の不自由な人のお世話を職業にするくらいなんだからきっと優しくて思いやりに溢れる心の清らかないい人たちなんだろーなぁ....

 

 

 

 

 

 

なんて思う人はいませんよね?

実際、平均的な日本人の介護職に就いている人のイメージって....「負け犬」、「落ちこぼれ」、「底辺」、「クズ」「無能」、「他の仕事に就けないバカばっかりでしょ?」

 

てな具合が正直なところじゃないでしょうか??

かなり恣意的に書き連ねましたが決して大間違いではないと思います。実際、著者もそう思います。

いい歳して介護なんかやってる男は他にどうしようもなかった可哀想な人なんだろうな.....

こう思うのが普通でしょう。

 

だって、誰でも知っている低賃金重労働。なんの生産性もないボケ老人達の糞尿処理。年末年始もお盆もGWもない勤務体系、バカのひとつ覚えのように絶叫される「やりがい」。

こんな仕事、余程のバカかマゾヒストじゃなきゃやりません。

ブラックというより漆黒の職業です。

 

著者がこの業界に足を踏み入れてからいくつかの介護現場(老健、病院、有料老人ホーム)で出会ってきた3桁は楽に超す介護職の人たち。

正社員・パート問わず老若男女、老いも若いも関係なく大勢の人がいました。

決して全員とは言いませんがほぼほぼほとんどの人に当てはまることは...

 

 

「やりたくてやってるんじゃない。」

 

 

という点です。

ちなみにその3桁は楽に超える人たちの6,7割の人たちは介護自体を辞めたor他の職場に去って行きました。

くどいですがもう一度言いますが決して全員ではありません。中には(本当にごく稀に)介護の仕事が大好きで誇りを持って働いている方もいらっしゃいます。そういう人からしたらこんな風に言われるのは堪ったもんじゃないのもよくよく分かります。

でもそういう貴方でも上に書いたような人が多いっていうのは心の隅ではわかってるんじゃないでしょうか?

 

ニートやフリーター、シングルマザーや母子家庭。職員の圧倒的な未婚率や離婚率。他業種ドロップアウト組に失業者、他の就職の口が無い高齢者。

こういう人たちがすごく多いです。

所謂「リア充」なイメージはあんまり浮かびません。

別に悪いとは言ってません。

新卒で入って来る子達なんてほとんど聞いたこともありません。

 

だけどそれでも境遇なんてどうでもいいんです。動機だってなんだって構いません!やる気と覚悟とほんの僅かな志さえあればどんなところでも、どんな仕事でも頑張れます!!

 

でもしかし「燃え尽き症候群」ってご存知ですか?

バーンアウトなんて言い方もします。

 

次は、低賃金重労働に並ぶ介護職の忌避される最大の理由の一つ「人間関係の酷さ」について触れてみたいと思います。