アラサー介護の戯言ブログ。

アラサー介護職(♂)の憂さ晴らしです。。

介護太郎

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

 

おじいさんは毎日山に徘徊に、おばあさんは週6で川の近くのデイサービスに通っていました。

 

ある時、おばあさんがデイサービスのレクのお散歩中に、川の上流からどんぶらこどんぶらこと大きな桃が流れてきました。

 

付き添いの介護職がずぶ濡れになって桃を施設に持ち帰り切ってみると中から元気の無い男の子が生まれました。

 (kt35.6°c Ps38 Bp96/43 Spo2 86% )

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜時は流れてそれから32年後。

 

おばあさんに引き取られた桃太郎は働きもせず、おじいさんとおばあさんの年金を、ほぼほぼソシャゲのガチャにぶち込んでダラダラ暮らしていました。

桃太郎は廃課金房だったのです

 

ところが、ある日 山に徘徊に行ったおじいさんがそのまま帰ってきませんでした。

歩行器の使用を頑なに拒絶し無理に歩いていたおじいさんはバランスを崩して滝に転落、そのままどんぶらこどんぶらこと下流のおばあさんの通っているデイサービス近くの川まで流されて水死体となって発見されました。

事故報告書を書く人は誰もいませんでした。

 

困ったのは桃太郎です。

ふたり分の年金を食い潰しながら優雅なニート生活を送っていましたが片方が死んでしまったのでもうそうはいきません。

おばあさんの介護なんてまっぴらです。

 

そこで桃太郎はネットの広告に載っていた「介護付き有料老人ホーム「鬼ヶ島」」におばあさんを放り込む事にしました。

 

桃太郎が事前面接のため鬼ヶ島を目指して自転車を漕いでいると、市役所から過労でふらふらの認定調査員のキジさんがやってきました。

 

「桃太郎さん桃太郎さん、お婆さんの受けている要介護認定、要支援認定に落としてくれませんか?介護保険の節約の為に」

 

桃太郎はシカトして通り過ぎました。

 

もう少し進むと前の方からブラック介護施設の入居相談員の、鬱病のイヌさんがやってきました。

 

「桃太郎さん桃太郎さん、お婆さんの介護保険、全額うちの施設で使いませんか?」

 

桃太郎はシカトして通り過ぎました。

 

もうしばらく進むと今度は鬼ヶ島のケアマネージャーのサルさんがやってきました

 

「桃太郎さん桃太郎さん、私には何の権限もありません。お婆さんの入居を認めるか認めないかは、現場を支配している施設長の愛人のクソ性格の悪い看護師が決めるのです。」

 

そう言ってサルは首を吊って死んでしまいました。

 

鬼ヶ島に到着した桃太郎は誠心誠意頭を下げてお婆さんの入居を認めてもらいました。

条件の1つに桃太郎がこの施設の介護職員として働くことが必要でした。

 

もとよりまともな社会経験の無いニートの桃太郎には介護職くらいしか働き口が無かったので了承しました。

 

入居してからというもの、お婆さんはベッドに縛り付けられ乱暴な食事介助によって誤嚥性肺炎を起こして無料老人ホーム「天国」に逝ってしまいました。

 

桃太郎改め介護太郎は毎日毎日、朝から晩まで馬車馬のように必死に働きましたが劣悪な労働環境と低賃金、重労働で体を壊して過労死してしまいました。

 

介護付き有料老人ホーム「鬼ヶ島」には長い入居待ちの老人たちの列ができていましたが中の職員はガラガラでした。

 

めでたくなしめでたくなし

 

新作映画公開☆

「儂の名は。」

〜始めから持っていなかった物を、探している〜   主題歌「便便便意」

 

「要介護ウォッチ」

〜見守り職員が足りない〜

 

「KA KA KAIGO」

〜徘徊老人に拘束を〜

 

「認知棟の夜勤」

〜この棟で、介護職は最弱。〜

 

 

2017.GW公開予定! 嘘です。

新月9

ヤリガイ戦隊 介護レンジャー


第1話「介護は成長産業です」
第2話「グリーン、ブルー辞表提出」
第3話「要支援2、認知度Ⅲa」
第4話「利用者の覚醒」
第5話「手取り、13万」
第6話「ピンク、キャバに転職」
第7話「夢想家の主任、横暴な家族」
第8話「イエロー、逃亡」
第9話「パワハラ
最終話「ホールの真ん中で首を吊ったレッド」

 

出演

介護レッド      温水洋一

介護ブルー      桐谷健太

介護グリーン   伊藤淳史

介護イエロー   三中元克

介護ピンク      酒井法子

 

四月から始まります。嘘です

第29回 介護福祉士国家試験結果

平成29/1/29 筆記試験 開催

平成29/3/28 14:00 合格発表

 

 http://www.sssc.or.jp/sokuhou/5fSA862p2D6sbdX6b5RpuKPrafDNmx/kaigo.html

 

受験者数 76,323人

合格者数 55,031人

合格率 72.1%

 

 

例年より合格率は高いけど合格者数は過去5年で最低人数。

毎年、約15,6万人受験してたけど今年は受験資格の変更で受験者数半減

 

このままいくと2025年に所謂「団塊の世代」がまとめて後期高齢者(75歳)に達する「2025年問題」で、必要な介護職が38万人不足すると確定的な予測がされているが、国の予想よりさらに介護職のなり手は少なくなりそう

 

どーする!美しい国 ニッポン

介護職の人間性①

※閲覧注意

 

介護の資格についてはなんとなく「ふーん。そんなんあるんだー、別に興味ないけど。」くらいに理解していただけたと思います。

 

ではその資格を取ったり取らなかったりして実際に介護施設やデイサービスで働いている人たちってどんな人たちなんでしょう?

 

老人や体の不自由な人のお世話を職業にするくらいなんだからきっと優しくて思いやりに溢れる心の清らかないい人たちなんだろーなぁ....

 

 

 

 

 

 

なんて思う人はいませんよね?

実際、平均的な日本人の介護職に就いている人のイメージって....「負け犬」、「落ちこぼれ」、「底辺」、「クズ」「無能」、「他の仕事に就けないバカばっかりでしょ?」

 

てな具合が正直なところじゃないでしょうか??

かなり恣意的に書き連ねましたが決して大間違いではないと思います。実際、著者もそう思います。

いい歳して介護なんかやってる男は他にどうしようもなかった可哀想な人なんだろうな.....

こう思うのが普通でしょう。

 

だって、誰でも知っている低賃金重労働。なんの生産性もないボケ老人達の糞尿処理。年末年始もお盆もGWもない勤務体系、バカのひとつ覚えのように絶叫される「やりがい」。

こんな仕事、余程のバカかマゾヒストじゃなきゃやりません。

ブラックというより漆黒の職業です。

 

著者がこの業界に足を踏み入れてからいくつかの介護現場(老健、病院、有料老人ホーム)で出会ってきた3桁は楽に超す介護職の人たち。

正社員・パート問わず老若男女、老いも若いも関係なく大勢の人がいました。

決して全員とは言いませんがほぼほぼほとんどの人に当てはまることは...

 

 

「やりたくてやってるんじゃない。」

 

 

という点です。

ちなみにその3桁は楽に超える人たちの6,7割の人たちは介護自体を辞めたor他の職場に去って行きました。

くどいですがもう一度言いますが決して全員ではありません。中には(本当にごく稀に)介護の仕事が大好きで誇りを持って働いている方もいらっしゃいます。そういう人からしたらこんな風に言われるのは堪ったもんじゃないのもよくよく分かります。

でもそういう貴方でも上に書いたような人が多いっていうのは心の隅ではわかってるんじゃないでしょうか?

 

ニートやフリーター、シングルマザーや母子家庭。職員の圧倒的な未婚率や離婚率。他業種ドロップアウト組に失業者、他の就職の口が無い高齢者。

こういう人たちがすごく多いです。

所謂「リア充」なイメージはあんまり浮かびません。

別に悪いとは言ってません。

新卒で入って来る子達なんてほとんど聞いたこともありません。

 

だけどそれでも境遇なんてどうでもいいんです。動機だってなんだって構いません!やる気と覚悟とほんの僅かな志さえあればどんなところでも、どんな仕事でも頑張れます!!

 

でもしかし「燃え尽き症候群」ってご存知ですか?

バーンアウトなんて言い方もします。

 

次は、低賃金重労働に並ぶ介護職の忌避される最大の理由の一つ「人間関係の酷さ」について触れてみたいと思います。

 

 

 

 

ケアマネって何?

玉石混交、四面楚歌の介護職ですがみんなが目指している資格があります。

 

何度か単語だけは出てきていますがそれが「ケアマネージャー」。略してケアマネ

 

「介護支援専門員」、「計画作成担当者」なんて言ったりもする(するの?)資格なのですが現在(2017年3月)の介護業界のピラミッドの中では最上位に位置する資格です。

 

なんか強そうですね!

実際は全然そんなこと無いけれど。

 

今までの仕組みだと「転職ルート」では介護をやりだして3年目で介護福祉士を取得して、もう2年頑張って実務経験を5年にすると受験資格を得られた資格です。

ちなみに介護福祉士は国家資格ですがケアマネージャーは都道府県の認可の資格。

介護福祉士より上位なのに国家資格じゃないってちょっとふしぎですよね。

 

ですが仕組みが変わって(介護業界の制度って本当にコロッコロ変わります)近い将来、介護福祉士を取得してから(!)5年の実務経験で受験資格を獲得になりました!!

いままで5年かければ取れてた資格を取るのにこれからは8年かかります!!

 

どうしてなのでしょう?

 

 

そもそも介護職員みんなの目指す「ケアマネージャー」という資格はほぼ完全にデスクワークです。

いままで現場でやってきた辛い身体介助や認知症の利用者からの暴言暴力。毎月何回も入らないといけない大変な夜勤から解放される資格なんです!

 

なんて素晴らしいのでしょう!

 

主な業務は相談員業務やケアプランの作成、介護保険や役所や、ご家族様ともあれこれ折中しなければいけません。

たしか、施設に選任されるケアマネージャーと、デイサービスなどの所謂「居宅支援」を扱うケアマネは兼任できないとかなんとかそんなのがあった気がします...

 

きつい現場を離れてゆったりデスクワーク。上位の資格だからきっとお給料もそれなりなんでしょう....

 

って思いますよね?

違います!

 

そもそも介護職員みんながケアマネを目指す理由は「身体が持たないから」。例えば二十代で介護を始めたとしても三十代、四十代で同じ体力で仕事に当たるのはほぼ不可能です。

歳を追うごとに介助はつらく夜勤やるのもしんどくなってきます。

 

なのでみんなある程度の年齢になる前にデスクワークメインのケアマネになりたがるわけです。

ですが、万年人手不足な介護業界!みんながみんなデスクワークを目指してもらっては困ります!

だって必要な「介護職員」っていうのは事務所に座ってパソコン打ってる人じゃなくて、現場で徘徊老人のあとをついて回って便まみれのズボンを手洗いして寝たきり老人のオムツを替えて看護師に怒鳴られながら認知症患者の世話をしてナースコールに呼ばれて駆けずり回る肉体労働者のことだからです。

 

実際、いま現在でもうすでにケアマネは飽和しているとか、試験の合格率が15%前後だとか(現場職員確保のために意図的に試験を難しくしてる?)とか言われています。

 

給与も現場を離れて夜勤をしなくなるせいでよほど手厚く資格手当がついてる施設、企業でなければケアマネ業務につく前より安くなるというのが定説です。

 

8年かけて取った資格でこの待遇。。

介護って本当にステキですよね(白目)

 

介護職って何?③

介護業界に携わる資格はたくさんあります。

①.②であげた初任者研修や介護福祉士。介護職員のことをケアワーカーなんてよぶので「CW」なんて略されたりもします

 

それ以外にもリハビリ関連...作業療法士(OT)や理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)に視能訓練士(ORT)に看護師(NS)に医師に相談員にケアマネに管理栄養士に...ありとあらゆる専門職が集まってそれぞれの専門知識を結集し要介護者に対して最善最良のケアを提供する。

この素晴らしすぎる仕組みが日本の介護業界の基本。所謂「チームケア」というわけです。

 

熱い情熱と高い志を持った専門職の人たちが協力しあって体の不自由な人や要介護のおじいちゃんおばあちゃんのケアを一生懸命やっている!!

...のが理想なんですが実際そうでもありません

 

上にあげた専門職の中で一つだけ仲間はずれがあります。どれでしょう?

 

 

そう!介護職です!

介護以外の他の業種はみんな専門教育と専門の資格を持ってやっている人たちですが介護は違います。

正確にいうと、必ずしも資格が必要でない業種なので素人もいるってことです。

 

しかも介護職って自分で何かを決めたり判断したりすることが許されていません。

乱暴な言い方ですが「ケアプラン」という入力されたプログラムに従ってプログラム通りに動くロボットであることが要求されます。

その「ケアプラン」ってやつは基本的に介護職の中の上位の資格であるケアマネージャーというのが作るのですが、それには当然、医師や看護師、リハビリや利用者様本人やご家族の方の意見や要望が必要です。

出来上がった「ケアプラン」に沿って365日24時間の「介護」を行うのは基本的に介護職なので(他の業種が協力して行うことも多々ありますが)やり方や手順を、決めるのは基本的に他業種ということになります。

 

働いている人なら誰もが思い当たることがあると思いますが他業種同士が連携するのってすごく大変です。

それぞれ考え方や視点が異なります。優先順位や力関係も影響してきます。

そして介護業界の場合、それぞれがやたらとプライド高いのでめちゃくちゃ仲が悪いです。それぞれの立場からみた他業種のやり方一つ、職員の有能無能好き嫌い。

その玉石混交の中で介護職は最下層に位置しています。専門知識や単語が飛び交う中で実際に実働するのが素人。他の業種のみなさんはさぞゆるせないことでしょう。

見下してバカにされてもしょうがないのかもしれません。

 

でも日勤だけのリハビリさんたちや、高給取りの看護師様たちと違って365日24時間総動員で超薄給の人員不足で働いている我々、介護職だって大変なんです。

何にもわからないのに人手不足を言い訳にロクな教育もされずに現場に放り込まれてあれこれ指示されても出来るわけない!!...なんて始めたばかりのころは思ったりもしました。